FC2ブログ

みなたま研究日誌

南多摩鉄道研究所(http://mrri.web.fc2.com/)の活動を公開するブログです。

富士急6000系の車体加工

fc2blog_2012060808503613a.jpg

またまた某所で別車両の製作記事を執筆していた関係で
1か月ほど放置されていた富士急6000系。
今回は車体の加工です。
やっとこさ、記事タイトルから「屋根」が消えた・・・(^^;

といっても、やったことといえば

・クモハの接合部のスキマ埋め
・車外スピーカの台座設置
・乗務員室扉上の側面行先表示器の塞ぎ

ぐらいなのですが。

接合部のスキマ埋めの仕上げに不安を覚えます。
乗務員扉より前方の接合痕はラッピングが隠ぺいしてくれるのですが
乗務員扉より後方はステンレスまんまなので誤魔化しようが無く(-_-;)


RMM201号にて橋本孔明氏による富士急6000系の製作記事が
掲載されていますが、クモハはモハ+クハの合造ではなく
先頭化改造クハに、オリジナルの顔を付けることで製作しています。

接合処理に苦しんでいるときに、この工法を見たときの衝撃といったらもう
正に「その発想はなかったわぁ」状態。

テーマ:鉄道模型 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2012/06/08(金) 12:48:42|
  2. 鉄模ネタ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<JNMA2012戦利品 | ホーム | 武蔵小金井上り線切り替えレポート>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mrri.blog1.fc2.com/tb.php/980-1c087b00
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)