FC2ブログ

みなたま研究日誌

南多摩鉄道研究所(http://mrri.web.fc2.com/)の活動を公開するブログです。

KATOのEF64-1031に双頭式TNカプラーを付ける

遅まきながら、KATOのEF64-1031を入手しました。

これで、山手線ホームドア対応車の配給列車が再現できるわけですが、手持ちのE231系総武線は前面にTNカプラーを搭載しているので、機関車にもTNカプラーを搭載させなくてはなりません。

つーことで、今回はKATOのEF64-1031に双頭式TNカプラーを搭載させるお話です。


双頭式連結器の比較
双頭式連結器の比較
双頭式連結器の比較。TNでけぇ


TNカプラーの直接搭載は不可
流石にTNの直接搭載はムリポ
(´・ω・`)


双頭式連結器加工案
じゃあ、KATOカプラーのアームにTNカプラーのヘッドを組み合わせてみよう。
(`・ω・´)


TNカプラー加工
TNカプラーがKATOカプラーのアームに嵌るように、TNカプラーの表裏面及び付け根の干渉部分を削除。


TNカプラー加工
KATOカプラーの構成に合わせるべく、TNカプラーにKATOカプラーアームを取り付ける穴を設ける。
削除したTNカプラーの表裏面に、0.8mmの穴を空けたエバーグリーンの厚さ0.25mmのプラ棒を接着。


TNカプラー加工
TNカプラーのヘッドとKATOカプラーのアームを組み合わせて加工終了。
取り付け穴を設けたプラ棒を黒色で塗装し、車体に取り付け。


TNカプラー取り付けサンプル
車体への取り付けサンプル。
アームはKATOカプラーまんまなので、車体側への加工は不要。
新津からの配給列車を再現するため、E231系と連結する第2エンドに加工したTNカプラーを取り付け。


TNとカトカプの前面比較
TNとカトカプの側面比較
KATOカプラーとの比較。
TNが結構キツキツで入っていて、KATOカプラーのアームが上下方向に変形。もっと削らないとダメだった?
他にも、TNに設けたカプラーアーム取り付け穴が表面と裏面とで前後方向にズレが発生しているのか、先端が垂れ下がってしまった・・・orz


【連結テスト】

密連型
密連型連結テスト

密自連型
密自連型連結テスト
強引に付けたTNカプラーだが、密連型、密自連型共に連結には問題なく、連結由来の車体の傾斜等も見られなかった。
ただ、直線に1両だけ連結した状態で置いた時の結果なので、牽引力は十分だとか、曲線通過に問題が無いかは不明。

なにせソレを確認できるくらいに走らせられる線路と言うインフラが無いのですよ。
次貸しレに行ったら確認してみます。

テーマ:鉄道模型 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2011/08/21(日) 23:05:44|
  2. 鉄模ネタ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<電消しこと電動字消しを購入してみた | ホーム | JAM2011>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mrri.blog1.fc2.com/tb.php/927-41ee2773
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)