FC2ブログ

みなたま研究日誌

南多摩鉄道研究所(http://mrri.web.fc2.com/)の活動を公開するブログです。

KATO製E257系のスカートを強化型に加工

加工コンセプトは「流用できるものは最大限流用」。
というわけで、既存のスカートをベースに
E231系強化スカートの前面を組み合わせることとしました。

前面のシャープさが出ていれば、あとは何とかなるかなと。

では加工の経過を淡々と上げていきます。

E257系スカート加工その1
E257系のスカートを裾絞り開始地点まで前面の出っ張り部分を削除。


E257系スカート加工その2
E231系山手線のスカートを必要な部分だけ切り出し。
別に山手線に限定する必要は無いが、山手線の強化スカートが
他番代、他形式への流用効かないので、ここぞとばかりに
消化要員として使うことにした。


E257系スカート加工その3
E257系とE231系とのスカートを接合。
接合面の段差を極力少なくするため
予めE231系のスカートを裏面を削っておく。


E257系スカート加工その4
裾絞りから側面にかけての白色部分の作成と
接合面の隙間解消のためパテを盛る。
マスキングテープで養生した後、光硬化パテを盛り付ける。
パテ硬化前にマスキングテープを剥がすことで、必要箇所のみ
盛り付けることが可能だが、パテ硬化開始までの時間がシビアなので
パテ盛りとテープ剥がしのセット作業は左右に分けて実施。

E257系スカート加工その5
パテ硬化後に切削。

E257系スカート加工その6
塗装してできあがり。
塗装は黒色部分がGMカラー#10黒色、白色部分がGMカラー#37白3号。
実物は前面に2本の縦線(分割線?)が入っているが、自分のスキルで
それを再現すると逆に仕上がりを悪くするような気がしたので見送りに。


E257系強化スカート取付サンプル
加工したスカートの取り付けサンプル。
模型で見ても凄い存在感だわこのスカート・・・


E257系スカート比較(前面)
加工前後の比較(前面)


E257系スカート比較(側面)
加工前後の比較(側面)


[総括]
E231系のスカートを組み合わせることで、スカート前面のシャープさを
容易に再現することができたが、パテ盛りで対応した裾絞り開始点の
白色増加部分における角が切削時に丸くなってしまい
そのシャープさに若干水を差すカタチになってしまった。
また、側面のパテ切削においても、黒色部分の削れを懸念したために
パテの直線出しが甘くなってしまった点が残念である。

そして1個作るのに費やす作業コストがハンパ無い。
編成で走行させるには、少なくともあと1つ加工しなくてはならないのだが
また1からこの作業を行うと思うと、正直しんどい・・・

KATOさん、白色LED化と共にスカート変更も含めた製品のリニューアルをお願いします。
<(_ _)>

テーマ:鉄道模型 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2011/02/12(土) 23:01:20|
  2. 鉄模ネタ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<本日VD | ホーム | E257系強化スカート実車調査>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mrri.blog1.fc2.com/tb.php/892-c38d596f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)