FC2ブログ

みなたま研究日誌

南多摩鉄道研究所(http://mrri.web.fc2.com/)の活動を公開するブログです。

PT-7113-Bの台座添え

この前の連休中にLSEのパンタグラフことPT-7113-Bを購入し
小田急1000の屋根に取り付けました。
小田急1000パンタグラフ艤装中
画像奥より
 
 オリジナルのパンタグラフ取り付け穴を埋設
 ↓
 パンタ台座設置
 ↓
 PT-7113-B設置

となっております。

当初、パンタ台座無しでそのまま設置しようと考えていたのですが
J鉄道部さまの記事を見て、パンタ台座設置を決めました。

まず、オリジナルの取り付け穴を光硬化パテで埋設後に塗装。
屋根塗装後に埋設作業したんで、跡が目立っちゃいましたが
パンタグラフに隠れちゃうんで、まあ良しとしました。

次にパンタ台座の設置。参考記事の方は、プラ板から自作したようですが
12個も作るモチベーションが無かったので、富士川車輌工業製の
パンタ台座を使用しました。

製品は平屋根用のFT-P022を使用したかったのですが
行き付けで手配できなかったため、FT-P015を代用。
この製品は設置面が屋根のカーブに合せて斜めになっているので
設置面を平滑になるように加工してから使用しました。

小っさいパーツを12個をヤスるのは大変で
これだったら素直に自作した方がという意見もありますが、
まあ気にしない気にしない・・・

で、最後にPT-7113-Bの脚を碍子手前で切除し、パンタ台座に合せて接着。
台座で持ち上がったパンタグラフがイイ感じです。

テーマ:鉄道模型 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2009/03/24(火) 12:55:32|
  2. 鉄模ネタ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<鉄コレ動力走りすぎワロタwww | ホーム | PT交>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mrri.blog1.fc2.com/tb.php/727-705a92c7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)