FC2ブログ

みなたま研究日誌

南多摩鉄道研究所(http://mrri.web.fc2.com/)の活動を公開するブログです。

PT交

先日破損したMA789系の軟パンをKATO731系のパンタと交換しました。

左が交換前、右が交換後

画像が惚けてて申し訳ないのですが、向かって左が交換前、右が交換後です。
こうやって見ると、KATOの方がMAと比較してアームや舟板等
全体的に小ぶりなのがわかります。

実車を良く見る機会が無いので、どちらがより正しい姿なのかなんて
個人の解釈次第だと思うのですが、個人的にはアームが昇降するという
機能面において、強度のあるKATO製を推したいなと。

ついでにドラえもん海底列車も交換しておきました。
アームが細くなったことで引き締まった印象があります。
(実車がどうなのかは解りませんが・・・)



パンタ換装手法について
※実施は自己責任の下で行ってください。



MAと比較してKATOのパンタグラフの方が支持脚の間隔が狭いので
そのままでは取り付けられません。

四方の取り付け穴を中心に向かって現物あわせで拡張してやる必要があります。


さて、789系といえばHL編成がMAから製品化されるということで
先行で1両だけ作成したSKも、製品が出回るまでには完成させたいところだが・・・
  1. 2009/03/23(月) 12:48:45|
  2. 鉄模ネタ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<PT-7113-Bの台座添え | ホーム | 当日に切替失敗を味わう気分>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mrri.blog1.fc2.com/tb.php/726-a09bb697
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)