FC2ブログ

みなたま研究日誌

南多摩鉄道研究所(http://mrri.web.fc2.com/)の活動を公開するブログです。

秩鉄の元東急車の製作その5

車体が組みあがると、ついつい塗装をしてみたくなるものですが
そこはぐっと堪えて、床下の製作へと進みます。

fc2blog_201509070849032ba.jpg
ランナーから床板を切り離し、台車を付けてみればkonozamaよ。
外れロットを引いてしまったのか、片方の台車取り付け穴がガバガバ。
更に、7800系用に購入した増結キットも同じ症状。
どうすんのこれ・・・orz

fc2blog_20150908083345c4f.jpg
集電化もラクだし、完成品の床下バルク使っちゃえば?って意見もありましたが
敢えてエコノミー純正で集電化することに意義がある!という謎の拘りに従い
穴がしっかりしている側を使ってニコイチにしました。
増結キットも総動員しましたが、動力化で余剰となる板もあるので
7800系も組める分だけニコイチ板は作れました。
ニコイチ前に台車穴左右の集電スプリングガイドを開孔しておくとベターですね。


fc2blog_2015090923564710d.jpg
電飾配線を実施。
灯具が並列に並んでいるので、光ファイバーによる導光を考慮して
前照灯と尾灯の光源を車両の前後に配置。


fc2blog_201509181130356ed.jpg
シールドビームのパーツなんかは幾つかサードパーティから出ていますが
角ライトとなると、適当なものがなかなか見つかりません。
そこで、キットの余剰前面パーツからライト部を摘出して使うことにしました。

fc2blog_20150918113805954.jpg
ライトケースを床板マウントにするため、現物合わせで脚を設置。

fc2blog_20151001124441b5d.jpg
一度組み合わせて、ライトケースと車体との位置を確認。

fc2blog_20151001124715b72.jpg
fc2blog_2015100112474377e.jpg
この後、光ファイバーによる導光および遮光(これがまた不十分なのですが(^^;))を経て
点灯化工事は完了となります。

床下加工はこの後、床下機器および前面スカートの取り付けとなるわけですが
記事としてはひとまず点灯化工事までといたします。

テーマ:鉄道模型 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2015/10/05(月) 11:21:53|
  2. 鉄模ネタ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<とある催事の運転報告2015 | ホーム | JAM2015>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mrri.blog1.fc2.com/tb.php/1087-59d67953
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)