FC2ブログ

みなたま研究日誌

南多摩鉄道研究所(http://mrri.web.fc2.com/)の活動を公開するブログです。

HB-E210系仙ココC-1,C-2出場

fc2blog_20150113213738b8e.jpg
6月に開通予定の仙石東北ラインに投入されるハイブリッド気動車
HB-E210系の2編成が、製造元である総合車両製作所を出場しました。

表題の通り、所属は仙台地区の気動車を統括する小牛田運輸区であり
また、気動車としては珍しく編成名(C-X)が付番されています。

形式名はHB-E211とHB-E212となっており、同じハイブリッド気動車である
HB-E300系の命名規則を踏襲したと思われます。

なお、床下機器を良く見せるため、敢えて光を飛ばして撮った写真が多いです。
正規のボディカラーについては、他サイトの画像を参考にして下さい。

【形式紹介】
HB-E211
fc2blog_20150113210517cee.jpg
fc2blog_20150113210629272.jpg
仙台方と思わしき先頭車。
各部の構成から、前面はE129系がベースになっていると思われる。
前面には「HYBRID TRAIN」のロゴが入る。
車いすスペースおよびトイレを備える。

HB-E212
fc2blog_20150113210247b34.jpg
fc2blog_20150113210343c8d.jpg
石巻方と思わしき先頭車.。
車体中央から前寄りに設置されたサハE231-4600のような小窓が目立つ。
側面についても、ステップなしの3扉といった構成はE129系に近いと言える。
形式に拘わらず、各車で機器配置の方向が同一となっているが
これはHB-E300系の設計思想を踏襲しているためと思われる。

【デッドスペース?】
fc2blog_20150113234113a4d.jpg
HB-E212の4位側からHB-E211の3位側にかけて。
トイレタンクの位置から、トイレが設置されているのは
HB-E211の3位側と推測されるが、それ以外にも
デッドスペースと思わしき窓の無い部分が多い。

【行先表示器】
fc2blog_201501140004249a5.jpg
行先表示器と「HYBRID TRAIN」のロゴは各車の4位側に設けられている。
ドア横の塞ぎ板は、ワンマン運転時に使用する出入口表示器の準備だろうか?

【台車】
fc2blog_20150114002636714.jpg
HB-E300系で使用されたDT75およびTR260の派生と思われる。

【主変換装置(上:2-4位側 下:1-3位側)】
fc2blog_20150114100944775.jpg
fc2blog_201501140036595c6.jpg
主変換装置は各車に搭載され、1-3位側、2-4位側で搭載される機器が異なる。
構成及びその外観は、HB-E300系に準じている。
2-4位側の主変換装置の隣にはラジエターの吸気口が存在する。
これは冷却風を海側から吸い込まないようにと、仙石線走行時に
山側となる2-4位側に設けられたのだと推測される。

【屋上機器(上2枚:HB-E212 下2枚:HB-E211)】
IMG_596501.jpg
IMG_601201.jpg
IMG_598601.jpg
IMG_601901.jpg
HB-E300系およびキハE200と同様に
元空気だめ、空調機器、蓄電池を搭載している。
床下機器と同様に屋上機器についても
形式に拘わらず配置位置は統一されている。

各車2か所でビードが切れており、その切れで
排気口や蓄電池の配線取り込みが設置されている。

先頭部もHB-E300系およびキハE200と同様に
アンテナ、ホイッスル、信号炎管を備えているが
そのレイアウトは前者2形式とは異なっている。
これとは別に車端部にもアンテナが設置されているが
これはHB-E210系のみとなっている。

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2015/01/14(水) 00:37:03|
  2. 鉄道ネタ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<【2014??】100円ショップの商品で作る車両ケース | ホーム | カッティングプロッタによる「はめ込みガラス」の作成>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mrri.blog1.fc2.com/tb.php/1073-7a8754fc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)