FC2ブログ

みなたま研究日誌

南多摩鉄道研究所(http://mrri.web.fc2.com/)の活動を公開するブログです。

【技術検討】209-0系からE233-2000系を作る その1

fc2blog_201403240900240de.jpg
今年の初め、たうん氏とのやりとりで「E233-2000」を競作する流れに。

たうん氏はTOMIX製E231-800をベースとしている模様である。

TOMIX製E231-800は東急車輛製をモデルとしており
ベースにはもってこいの車種ではあるが、希少品?のため
中古もなかなか出回らないし、入手できたとしても
E231-800はE231-800で所持しておきたいという気持ちもある。

そこで自分は更に前世代である209-0をベースとすることにした。

E231-800と比較して、209-0の場合は

川重製ベースのため、角ばった屋根Rと妻面のリブ
クーラーが小型のAU720系
クハの先頭寄りが7人掛け

・・・

などなど、差異を挙げればキリがないのですが
それでもE231-800よりは、ずっと入手しやすいはず。
調達困難な素材は、それだけでやる気を削いでしまいますしおすし。
※まぁ、素材入手に満足しちゃって手付かずってのもありますが(^^;;

fc2blog_20140324090047e75.jpg
第1回目は床下の加工。

模型的な観点でみると、TOMIX製209系とE233系とでは
製品登場時期によるメーカ標準仕様が異なっており
209系の床下にE233系の台車が取り付けられる保証はありません。

そこで、たうん氏の加工例に習い、KATO製E233系の床下と差し替えることに。
たうん氏によると、側面窓の爪を除去すれば問題ないということだったので
側面窓を外したTOMIX製車体にKATO製床下を、とりゃーと嵌め込んだところ
遠目にはうまく嵌っているように見えるのですが・・・

fc2blog_20140324090107218.jpg
TOMIX製の車体が左右に広がってしまいました。

fc2blog_2014032409014457d.jpg
確かに、KATO製床下の方が幅広な気がします。

fc2blog_20140324090159e5c.jpg
KATO製床下の側面をガリガリ切削。
なんとか車体に負担をかけずに床下を嵌め込むことができました。

しかし、削りすぎちゃってガバガバに(汗
車体に取り付けツメを設置するか、接着剤で永久接着してしまうか・・・

あと、この加工は動力ユニットには使えなさげ。
動力車は車体側を削って対応ですかね・・・?

テーマ:鉄道模型 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2014/03/24(月) 13:01:11|
  2. 鉄模ネタ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2013年度改造実績について | ホーム | 東急1501F,1504F出場>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mrri.blog1.fc2.com/tb.php/1045-9bfe05e7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)