FC2ブログ

みなたま研究日誌

南多摩鉄道研究所(http://mrri.web.fc2.com/)の活動を公開するブログです。

2012年総括

fc2blog_20121231215339b1d.jpg
趣味活動、とりわけ模型については富士急6000系に終始した1年でした。
13ヶ月に及んだ第1編成の製作。
一喜一憂した第2編成の鉄コレ化。
そして今は鉄コレの加工に着手しており、来年も少しの間は
この車種とお付き合いする次第です。
続きを読む
スポンサーサイト



  1. 2012/12/31(月) 21:49:09|
  2. 無分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

富士急6000系の比較

鉄コレ富士急6000系のディテールアップが最低限済んだので
自作品と比較しながら、鉄コレのレビューなんぞやってみたり。

【前面(左:鉄コレ 右:自作品)】
fc2blog_20121201001036674.jpg
富士急への譲渡にあたり、額縁は白く塗装されましたが、
鉄コレでは額縁の裏まで塗装を施していないため
その表現は控えめな印象を受けます。
逆に、ロゴ類は太字が使われており、強調的となっています。
ジャンパ栓や連結器周りの再現度の高さは、後発商品ならではです。

20121204.jpg
パーツの合いが悪いだけかもしれませんが、KATO製品と比較して
鉄コレの方は前面窓の傾斜角が小さく、窓が立っているように見えます。

fc2blog_20121201001050ff3.jpg
乗務員室の仕切りも再現されています。
ただ仕切りを設けただけでなく、クハ、クモハの扉位置の違いまで
ちゃんと再現されているのは驚きです。

【側面(上:自作品 下:鉄コレ)】
IMG_16810201.jpg
特徴的な各種ロゴは勿論のこと、「乗務員室」の表記まで再現されており
車号表記も潰れることなく、ちゃんと読むことができます。
難点を挙げるとすれば、車外スピーカーの表現は
モールドによるものではなく、銀色一色の塗装となっていることです。
窓枠弄ったんなら、コッチも再現して欲しかったのですが
やはりこれは、レギュラー品で田の字のヤテ車を出すという伏線か…?
続きを読む

テーマ:鉄道模型 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2012/12/01(土) 01:56:24|
  2. 鉄模ネタ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0