みなたま研究日誌

南多摩鉄道研究所(http://mrri.web.fc2.com/)の活動を公開するブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

とある催事の運転報告2016

fc2blog_20161012124635408.jpg
今年も某所の催事での公開運転会に参加しました。
今年はテーマ運転は無く、ダイヤも決まっていないので
運転される車両の入れ替えは操縦者の気分次第という(苦笑)

fc2blog_201610121240205c2.jpg
個人的に用意したのは中央線G車とE235系改良版。
中央線G車は去年も他のメンバーが出展していたのですが
当人が卒業されたため、後釜として製作した次第。

E235系は今年も出展することになろうとは露にも思わず。
Bトレで製品化されたので、折角だからとお顔だけアップデートしておきました。
なお、画像では分からないのですが、使いまわせないライトユニットに代わって
点灯機能を自作したという苦労もあったりしたり。

fc2blog_2016101212411213e.jpg
発車標風の走行列車案内。
更新は手動です。
前述の通り、ダイヤレス運転だったので
更新したタイミングで車両入替やられるとイラっときたり(苦笑)
来年は改善しないと・・・
スポンサーサイト

テーマ:鉄道模型 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2016/10/08(土) 20:43:05|
  2. 鉄模ネタ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

JAM2016

今年もJAMこと国際鉄道模型コンベンションに行ってきました。
個人的に気になった作品を上げていきます。

【M8】
IMG_9432.jpg
ギリシャのサントリーニ島をモチーフとした小型レイアウト。
白と青のコントラストがイイですね。
走る車両もギリシャ国鉄塗装になってます。

【木こり鉄道~しなまみライン】
fc2blog_20160822124254eb6.jpg
こちらもリゾート地っぽいレイアウト。
立体的な造形で、ついつい見入ってしまう。
最下層の本線とは別に各層で線路が敷設されており
トロッコ列車が往復しておりました。

【出展モデラー失念】
fc2blog_20160822124332852.jpg
ヘンゼルとグレーテルでしたっけ?
お菓子の世界を思わせるレイアウト。
こういうフィクション系も面白いですよね。

【Lゲージブロックで作る鉄道模型】
fc2blog_20160822124403670.jpg
これまでのショーティな車両とは別に
スケールモデルに近い形の車両が走行しておりました。
この大きさ、迫力がありますね。スケールいくつでしょうか?

【結伝社】
fc2blog_20160822124425a81.jpg
RMMの3Dプリンタ記事で紹介されていた
橋本氏の819系DENCHA。
実車はまもなく営業入りですね。
  1. 2016/08/22(月) 12:58:49|
  2. 鉄模ネタ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

秩鉄の元東急車の製作その9

fc2blog_20160721123313471.jpg
富士急8500系の進捗が宜しくないので、秩父7500系の連載を再開。
再開といっても、もう完成なんですがね(笑)
続きを読む

テーマ:鉄道模型 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2016/07/21(木) 13:00:28|
  2. 鉄模ネタ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

JNMA2016戦利品

fc2blog_20160704134828087.jpg
台東館での初開催となった今回のJNMA。
これまでの滞在ノウハウが活かせず、整列までの暇つぶしを
どうしようか等、イロイロ難儀しましたが
入場までは冷房の効いた館内にて待機できたりと
結果的には良かったのでしょうか?

というわけで今回の戦利品。
なんだかんだで3万円近く使っていたよ・・・
続きを読む

テーマ:鉄道模型 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2016/07/03(日) 20:48:13|
  2. 鉄模ネタ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

富士急8500系の塗装

fc2blog_2016060712351141f.jpg
車体の加工が済んだので塗装しました。
屋根はガイアカラーのNo71ニュートラルグレー。
車体はFARBEのNo16赤2号。

屋根は当初、灰色9号を塗装したのですが
wikiでは「かなり白に近い灰色」と称される割には
実車のイメージからは程遠く、前述の塗料が採用されました。

車体の赤色については、一概にコレってのは出ないと思います。
濃い赤色、明るい赤色のフィーリングで
先ずはガイアのバーチャロンカラーVO-07ローズディープレッドを
使ってみましたが、予想以上にローズピンクだったので不採用。
次に国鉄制定色を見比べながら赤11号を使ってみようと
FARBEのNo19を塗装してみたのですが、こちらも深い赤味が得られず
紆余曲折あって前述の通りとなりました。
なんだか男梅みたいなカラーリングですね(苦笑)

テーマ:鉄道模型 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2016/06/05(日) 23:35:42|
  2. 鉄模ネタ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。