みなたま研究日誌

南多摩鉄道研究所(http://mrri.web.fc2.com/)の活動を公開するブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

CRH2-010Aの屋上を賑やかにする

ライトネタからCRH2ネタにシフトします。


去年10月、海南島東環鉄道の開業前試験走行のため
CRH2-010Aが海南島に海輸されました。

海南島で初めての高速鉄道ということもあり
中国で大々的に報道されたのか
CRH2-010Aで百度検索すると
この記事ばかりがひっかかるという。

その記事のなかに、編成が2分割されてDLなりで
回送される画像があったりするのですが
俯瞰画像なので検測車特有の屋上機器なんかが
見えちゃったりして、あらたなる発見ができたのでした。

というわけで、今回はそれを自作モデルに反映させようというハナシです。
続きを読む
スポンサーサイト

テーマ:鉄道模型 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2011/04/28(木) 07:50:14|
  2. 鉄模ネタ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

CRH2型のHIDランプを再現する

ライトネタが続きます。
今回の対象は3年前にE2-1000系から改造したCRH2型です。

ヘッドライト比較 上:E2系 下:CRH2型
E2系のヘッドライトが白熱系電球4連なのに対し
CRH2型のヘッドライトはHIDランプ6連となっています。

4連ランプを6連ランプにする方法は導光パーツの自作しか思いつかず
骨が折れる作業が見込まれたので、ライト数の正規化は見送ることにして
HIDライトだけ再現することにしました。

KATOのE2系ライトユニットは、ヘッドライト用に白色LEDが使われていますが
黄色の導光パーツを使用することで電球色の光を再現しています。

あれ?ってことは、導光パーツなんとかしなきゃダメなんじゃね?
しかし、自作は避けたい。うーん・・・

続きを読む

テーマ:鉄道模型 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2011/04/20(水) 00:44:06|
  2. 鉄模ネタ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

E2 in Shanghai

上海メトロ中潭路駅付近の高架橋にて
先週、社員旅行で中国は上海に行っておりました。
上海蟹は・・・もういいです。

さて、趣味活動の面ではCRH2Eを撮るべく
「早朝にD5456次で蘇州へ→折り返しにD313次(CRH2E)の2等に乗車→
上海到着後に撮影」という行程を出国前から企画していたものの
お目当てのCRH2Eの切符が上海には割り当てされていないため
切符手配できず作戦失敗・・・
(´・ω・`)

仕方が無いので、早朝の上海駅近くでトレインスポッティングするのでした。
続きを読む

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2009/12/14(月) 13:27:58|
  2. 鉄道ネタ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

南多摩鉄道研究所2009年1月度月例報告

進捗報告

【CRH2(第二期)】

車体改善・・・45%

前照灯増設準備及び屋根上アンテナ群の設置が完了した
CRH2第二期進捗状況200901
▲第一期とは異なるアンテナ台座を再現


【E233系3000番台】

床下改善・・・100%(落成)

先行着手分の基本10両編成が落成。
引き続き第二期として付属5両編成の開発に着手する。




---------------------------------------------------------
2009年1月16日  南多摩鉄道研究所 代表 天井 香
  1. 2009/01/16(金) 00:00:00|
  2. MRRIプレスリリース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

南多摩鉄道研究所2008年12月度月例報告

進捗報告

【CRH2(第二期)】

車体改善・・・35%

前照灯の増設が困難しており、進捗は僅かとなった。
CRH2第二期進捗状況200812
▲増設準備工事が完了した左と増設準備工事進捗中の右


【E233系3000番台】

車体改善・・・100%
床下改善・・・ 80%

ピラーの移設が完了した。
床下改善についても先頭車を除き完了している。
E233-3000進捗状況200812
▲クロス車のピラーはICテープで再現。床下のVVVFはE531系のものを加工



---------------------------------------------------------
2008年12月9日  南多摩鉄道研究所 代表 天井 香









CRH2の進捗がわずかなのは、多分モチベが下がっているからかと(ぉ

あとE233ね。CPをtc及びtc'からM'に移したんだけど、アレって
1000番台から行われていたのね。
つまり、ウラ車の床下使えば、床下機器再配置作業がある程度省けた訳で。
とはいえ、それだけのために床下の余剰を出すのもちょっと・・・
とって置いても嵩張るだけだし、捨てるのも勿体ないし・・・

パーツ交換による床下セットとかの余剰、皆さんはどうしてますか?
  1. 2008/12/09(火) 00:00:00|
  2. MRRIプレスリリース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。